院長の部屋

熊野古道を歩こう 尾鷲トレイル 富士山に登ったぞ~ ゴルフを楽しもう 雑記

雑記

                
スタートレッキング 孫で野球チーム 病弱のすすめ Hula
高尾山へ行ってきた

 

孫で野球チーム

 

 

結婚して40年

結婚40年というと長いようですが、振り返ると平穏な日々の繰り返しで、あっという間の出来事です。

我が家での事件といえば、子供が生まれ、成長し、結婚し、そして孫が生まれ、ありふれた平和な事件しか思い出せません。

早婚のすすめ

私たちの時代では、女性は25歳までに結婚しないと行き遅れでした。

私たち夫婦は共に24歳で結婚し、25歳で長女が産まれ、その後長男、次女、次男、と4人の子供に恵まれました。

最近晩婚化が進み、30歳を過ぎても結婚しない人が増えています。

現在は35才以上の初産はいわゆる〇高といって保険診療ですが、以前〇高は30才以上でした。
今でも30才以上の初産は危険が伴うのですが、財政上の都合から35才以上になっているだけです。

母子の健康のためにも、私は子どもたちに”早く結婚するように”と口を酸っぱくして言っていたおかげか、何とか全員25~6才で結婚することが出来ました。

お盆玉

皆さんはお盆玉という言葉を聞いたことがありますか。

もともと東北地方の一部で根付いていた風習で、お盆に帰省した孫たちにお年玉ならぬ、お盆玉として小遣いをあげるもので、近年ではすっかり市民権を得てお盆玉用のポチ袋まで販売されているそうです。

我が家では還暦を機に、家族でお盆に志摩の地中海村に2泊3日の旅行をしました。

その時、孫の”こんな所なら毎年来たいわ”という言葉で、毎年地中海村に行くことになりました。それがお盆玉になっています。

そして記念写真を取るたび、毎年家族が増えているのです。

孫で野球チーム

現在孫は、長女に4人、次女に2人、次男に2人、小学6年生を筆頭に8人います。

「どくとる紀北」が発行される頃には、次男に3人目が誕生している予定なので、今度の記念写真には9人が写っているはずです。

2013年12月記

どくとる紀北2014年1月号発行時には予定どおり9人目誕生しました。

2015年には10人になりました。

熊野古道を歩こう 尾鷲トレイル 富士山に登ったぞ~ ゴルフを楽しもう 玉置眼科